渡辺裕之さん、猛を演じてくれてありがとう。

供花びっくり

1986年と2002年は、「愛の嵐」の年。

1986年6月、ドラマ「愛の嵐」の放映がスタート。
平日昼間、3ヶ月にわたって毎日放送されました。

ちなみに、このドラマのヒットがきっかけで、後に「華の嵐」「夏の嵐」が生まれ、3本まとめて「嵐3部作」と呼ばれていました。
特に「華の嵐」は大ヒットし、「ごきげんよう」という流行語まで生まれました。

3作品とも素晴らしいのですが、私は特に「愛の嵐」が気に入り、いつしかどっぷりはまりました。
後の再放送時に全話をビデオ録画し、何度も見返したものです。

初放映から16年経った2002年、自分のホームページのコンテンツのひとつとして、「愛の嵐」考察を、何の気なしに書き始めました。

ドラマを視聴した人にしか理解できないであろう、かなりマニアックな目線なので、誰かの反応を期待していたわけではありません。
ただただ、自分のハマったドラマのことを好きに書けるのが楽しくて、定期的に更新を続けていました。

その更新のさなか、「愛の嵐」のリメイク版「新・愛の嵐」放映がスタートするという、偶然にしてはできすぎているほどの奇跡が勃発。

しかし、放映開始後しばらくすると、私がホームページに設置していた掲示板に、旧・愛の嵐ファンが怒りの形相で、怒濤のごとく押し寄せてくるようになったのです。
旧作の世界を愛している人たちにとって、リメイク版の内容は、耐えがたいものだったのですよ。

私が書いた「愛の嵐」考察への感想も寄せられ、ファンの方同士の交流も生まれ、掲示板は約半年ほど、愛の嵐ファンの方たちのサロン状態となりました。
楽しかったなあ。

2002年当時で、初放映から20年近く経過している昼ドラの話に食いついてくる人が、こんなにたくさんいらっしゃることに、本当にびっくり。
インターネットってすげー!って思いましたよ。

掲示板が日々盛り上がっている中、「愛の嵐」を全話収録したDVD発売が決定するという、さらなる奇跡が勃発!
長年待ち望んでいたので、そのニュースを知った時には、文字通り、狂喜乱舞しました。

愛の嵐
我が家のリビングに鎮座するDVDたち。背後に隠れていますが、全巻揃っています。

「愛の嵐」ファンの私にとって、1986年は出会いの年、2002年は奇跡の年でした。

猛を演じて下さって、本当にありがとう。

嵐3部作の全てに主演されたのが、渡辺裕之さん。特に「愛の嵐」は、当時まだ無名だった渡辺さんの出世作のひとつでもあります。
ドラマでは、「川端猛」という役名だったので、私は渡辺さんのことを「猛」と呼んでいます。

ちなみに、「新・愛の嵐」にも、別の役柄で出演されています。

「愛の嵐」以来、渡辺さんは動向がとても気になる俳優さんのひとりでした。
渡辺さんの知名度がどんどん上がっていくのは、とてもうれしかった。ドラマ・映画・CMで見かけるたびに、「猛、頑張ってるなあ、いい作品に出演されているな」と喜んでいました。

奥様との交際も、最初からとてもオープンなもので、マスコミの取材にも気さくに答えておられた記憶があります。
結婚された時も、本当にうれしかったですし、おしどり夫婦ぶりが時折報道されるたびに、幸せな気持ちを抱いてました。

2022年5月5日、突然発表された訃報。

「なんで?」と何回言ったことか。
あまりに何度も「なんで?」と私がつぶやくので、ダンナから「知らんがな」とツッコミが入ったほど。

今でも心のザワザワは治まりませんし、「なんで?」という思いは拭えませんが、それはきっと誰にもわからないこと。

何か急ぎの用事ができたのでしょう。
でも、そんなに急がなくても良かったのにな。

渡辺さん、「愛の嵐」に出演し、全身全霊で猛を演じて下さって、本当にありがとうございました。

ドラマで妻の秀子役を演じられた芦川よしみさんと、長年交流を続けられていたこと、そして何より、「愛の嵐」をはじめとした嵐三部作の記憶を、長い間心に留め置いて下さったこと、エピソードを語って下さったこと、ドラマファンとして本当にうれしかったです。

愛の嵐
サンデー毎日 2015年10月18日号より

「愛の嵐」のおかげで、ネット上でお友達もできたし、バズり体験もできました。
インターネットの楽しさも知ることができました。

ドラマの印象が強く心に残り、数十年経った今でも「猛」と呼ぶ、私のような存在は、役者「渡辺裕之」には、もしかしたら迷惑だったかもしれませんね。
ごめんなさい。

でも、最終回のラストシーンで見せた、猛とひかるの笑顔が、私は大好きなんです。
ふたりでフランスに行った後、白部村でワインを作っていたのかなって、想像するのが楽しいのです。

渡辺さん以外の猛は、考えられません。
渡辺さんが猛を演じて下さって、本当によかった。

「愛の嵐」を含め、渡辺さんが残された数々の作品を、今後も楽しませて頂きます。
長い間、本当にお疲れ様でした。
どうぞ、安らかに。

ご迷惑かもしれませんが、これからも、渡辺裕之さんのことを「猛」って呼ばせていただきますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました