元旦の朝刊。

新聞紙びっくり

2021年元旦、午前10時頃。集合ポストから朝刊を取り込みました。
午前11時頃、義両親宅に向けて出発し、帰宅したのは夕方。

朝刊を取り込んだときには、まだ年賀状は届いていなかったので、ダンナがマンション駐車場に車を入れる間に、再度集合ポストへ。

年賀状と共に入っていたのは、朝刊。
朝刊を抱えて戻ってきた私の姿を見て、ダンナも目をまん丸に。

朝刊を取り込んだのは、午前10時頃でしたので、2度目の朝刊が投函されたのは、それ以降ということです。
朝刊の配達時間としては、かなり遅めです。

ということは、どこかの部屋の住人が、朝刊が未配達だと新聞販売店に連絡を入れ、慌てて配達にやってきたとんまな配達員が、間違えて我が家のポストに放り込んだのではないか。

「元旦の朝刊が2回配達された謎」について、夫婦会談を数分間実施、このような結論に落ち着きました。

最近は、夕刊の未投函もなくなり、安心していたのですが。

まだまだ油断できないと教えられた、お正月となりました。

本年もよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました