個性豊かな常連さん

アクアビクス観察

スポーツクラブのプールに足を運ぶ時間は、毎回だいたい同じ時間帯なので、常連さんの顔は、自然と覚えます。
中には、個性豊かな人たちがいて、つい目で追ってしまいます。

その1 ポセイドンさん

40代くらいかな。とにかく、周りの状況を見ない男性です。

水中ウォーキング専用レーンで、彼はプールの端まで行かず、突然方向転換します。歩いている人が多くても、人の流れを見ないまま、マイペースで方向転換するので、時にぶつかりそうになります。
でも当人は、気にする様子が全くない。本当にビックリさせられます。

プールの片隅にあるジャグジー内で、彼は自己流の体操を行います。しかし、デカい体格のため、体操によって起きる波もまたデカい。文字通り、バッチャンバッチャンという音と共に、波が押し寄せてくるので、一緒にジャグジーにつかっていると、酔いそうになります。

また彼は、プールサイドで体をろくすっぽ拭かないまま、ロッカールームに戻っていきます。
彼が歩いた直後は、ロッカールームまで水たまりが転々とできていて、ダンナは「ロッカールーム内の通路もベチャベチャや」とぼやいてます。

その2 おじさん

60代~70代くらいの男性で、私たちがスポーツクラブに入会した直後くらいから、ジムでよく見かけるようになりました。ジャージ姿で、小さいカバンを持ち歩き、マシンを動かしたり、ランニングマシンで歩いたりされてました。

ジムの雰囲気に慣れてこられるうちに、おじさんのトレーニングウェアが、どんどんおしゃれに。
お風呂も大好きなようで、ダンナ曰く「湯船にゆっくりつかり、ロビーでお茶を飲んでから帰っていく」らしいです。

私たちがジムエリアから遠ざかってからは、見かける機会が減ったのですが、いつ頃からかプールにも登場。日曜日以外は、ほぼ毎回見かけ、長時間泳いでいる様子。
最初は泳ぎが苦手だったようで、泳ぎを習うプログラムに入っていましたが、どんどん上達、今では25メートルを何とか泳ぎ切ってます。泳ぐフォームもきれいで、努力の人だと感心してます。

その3 ぬーぼーさん

40代くらいかなあ。なんというか、いろいろ独特な男性。「バッシャーン」というものすごい水音をたてて入水する様子にビックリしたのが、注目のきっかけ。

そのうち、アクアビクス(水中エアロビ)に参加していることを発見。他の参加者が、楽しそうにキビキビ動いているのに対し、彼の動きはぬぼーっとした感じ。参加頻度は高いので、雰囲気には慣れているはずなのに、元気に動かないと意味がないアクアビクスなのに、動きが鈍い。だから余計に、私の目にも留まってしまうのです。ウォーキングも、文字通りぼーっとした感じで歩いてます。

そんな彼はプール利用前後、プールサイドに設置してある鏡の前で、必ず数分間、髪や顔のチェックをするのがルーチンワーク。ダンナによれば、ロッカールームでも入念に行っているそうですが、「着替えは早くて、あっという間に帰る」とのこと。
鏡でのチェックポイント、是非教えて欲しい。

最近では、歩きながら、泳ぎながら、気になる常連さんをチェックするのが習慣化してしている私であります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました